この1曲「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」

 テレビの名画劇場でダスティン・ホフマン主演の映画を見ながら、過ぎ去った若い日々を思い出す、という曲。

 若い頃彼女と見た映画『卒業』を思い出し、ラストシーンのダスティン・ホフマンのように結婚式場で君のことを奪いたかった(けどできなかった)、君にもう二人も子供がいるなんて、、、暗いです。。

 大塚博堂は1976年にこの曲で2回目のデビュー(1回目は不発)、当時32歳の遅咲きながら、『めぐり逢い紡いで』、『過ぎ去りし想い出は』、『季節の中に埋もれて』などヒットする。1981年5月、脳内出血のため37歳の若さで急逝。

子供の頃、母がよく聴いていました。
曲中に出てくる『君』と同じ二児の母親です。
高校の頃はファンクラブができたなどと言い張って、、
お母さん、もしかして自分の境遇と重ねてたりしてませんでしたか?
だとすると陰で泣いてる人がいるわけで。。

大人になってCDを購入、
ジャケットのサングラスひげ面の男性が大塚博堂であり、この美しい声の持ち主であったこと、若くして亡くなっていることを知りました。

カラオケなどの場面でも、
未だ「この曲知ってる」という人に出会ったことがありません。

Essential Best::大塚博堂 [ 大塚博堂 ]
楽天ブックス
大塚博堂発売日:2007年08月22日 OTSUKA HAKUDO JAN:498800548144


楽天市場 by Essential Best::大塚博堂 [ 大塚博堂 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック